About Solar Photoelectric

そもそも太陽光発電とは何なのか?

太陽光発電は、太陽からのエネルギーである太陽光を太陽電池モジュール(ソーラーパネル)で電気に変えること、またはそのシステムのことをいいます。
一切、燃料を使用しませんのでもちろん空気汚染もありません。
環境問題や、電気料金の問題などの影響もあり、2013年の時点で住宅用の太陽光発電システムの設置件数が157万件を突破しました。
また、「余剰電力買取制度」により、一定期間、一定料金で余った電気は自動的に電力会社に売られていきますので、結果的に、売電と買電が相殺になるご家庭もあります。

 (※買取制度のポータルサイトをこちらからご覧ください)




↑ PAGE TOP





↑ PAGE TOP




住宅用と産業用の違い

一般的に住宅用と言うと10kw未満の容量のことを指し、
産業用は10kw以上のことを指します。
産業用のなかでも、50kwを境に低圧と高圧に分類され、
1000kw以上のものはメガソーラーと呼ばれます。

住宅の屋根に設置するものであっても、10kw以上の設置は
可能ですが、10kW以上を設置しようとすると相当な面積が
必要ですし、それなりに予算もかかってきますから
慎重に検討するようにしましょう。




↑ PAGE TOP




太陽光発電の仕組み図解
太陽光発電のしくみ
太陽光発電は太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変える仕組みです。
ソーラーパネルで作られた電気をパワーコンディショナにより家庭で利用できる電気に変換して、御家庭で使用することができます。

  STEP1:太陽光を受けてソーラーパネル(①)が発電
  STEP2:発電した電気をケーブルで伝えて接続箱(②)でひとまとめ
  STEP3:パワーコンディショナ(③)で家庭用交流電気に交換
  STEP4:分電盤(⑤)で時価使用分は各部屋に分配
  STEP5:余った電力は電力会社へ売電!

詳細はこちら(外部へリンクしています。)


↑ PAGE TOP




売電について

太陽光発電システム運用開始から一定期間は、国が定めた価格で発電した電気を売ることができます。
買取価格と期間は発電量や電力会社との契約によって異なります。

平成27年度 再生可能エネルギーの固定価格買取制度
※余剰買取
太陽光システムで発電した電気のうちご家庭で使った電気の余りを売電。
(10kw以上の産業用システムでは全量買い取り制度を利用できます。)

※W発電
ガスによる発電設備をお持ちで太陽光システムと併用されている場合


↑ PAGE TOP




各太陽光発電メーカーのご紹介

太陽電池の設置を考えるとき、同時にどのメーカーにするのかも決めなければなりません。
各メーカーによって、長所・短所それぞれございます。
例えば、パネル一枚あたりの発電効率は良いが、割高だったり、逆に、発電効率はそこそこでコストパフォーマンス力抜群だったり・・・
メーカーごとに、長所や短所も記載しておりますので、お客様のご希望にあてはまるメーカーはどれか、是非、比較してみてください!

→詳しくはこちら>各種太陽光発電メーカー

↑ PAGE TOP




太陽光発電に関する補助金について

太陽光発電の設置にあたり、国・県・市町村などに補助金が申請できる場合がございます。
条件を満たしている場合、弊社にて無料で補助金申請をさせて頂いております。
補助金について詳しい情報をご覧いただけます。

→詳しくはこちら>(※外部へリンクしています)

↑ PAGE TOP


↑ PAGE TOP